地盤調査の解説

地盤調査の必要性

家の耐久性を考える際、最も重要なのは地盤です。見えないため軽視してしまう方も多いのですが、実は建物を一番下で支えているのは地盤で、さらに家を建てた後で補強するのは難しいため、あらかじめ地盤調査をしておくことが重要です。地盤のことがわかれば、改良工事の必要性を判断したり、その結果に応じて最適な建物の工法を採用したりすることができますので、これから家を建てらる方は、ぜひご検討ください。なお、当社は地盤調査の結果、補強工事が必要ない場合には無駄なご提案をすることはありませんので、ご安心いただければと思います。

地盤調査の種類

地盤調査には、いくつかの方法があります。ここでは、特に最近よく使用されている「スウェーデン式サウンディング調査」と「表面波探査法」についてご説明させていただきます。

スウェーデン式サウンディング調査は、ドリルのようなものを使い、力を加えて回転させていったときに、どれくらい沈んでいくかを調べます。これは、比較的費用が安い一方で、誤差が大きく、過剰な補強工事をする結果になってしまうことがあります。

表面波探査法は、人工的に振動を発生させ、その揺れがどれくらい伝わるのかを調べる方法です。こちらはデータの再現性が高く、深いところにある層の状態や傾斜角度なども判定できるという特徴があります。ただし、調査費用はスウェーデン式サウンディング調査よりも高くなります。とは言え、先程ご説明させていただきました通り、スウェーデン式サウンディング調査では本来必要のない工事を行うことになってしまうことがあるため、結果的に費用がかさんでしまいます。そのため当社では、表面波探査法を採用しています。

 

表面波探査法について詳しくはこちら