シロアリ駆除について

業者を選ぶポイント

シロアリ駆除を頼みたいが、悪徳業者に騙されないか心配。テレビや雑誌で悪い噂を聞いたことがある。…そんな方はいませんか?
どんな業者でも安心!と本当は言いたいところですが、残念ながら中にはご心配されているような悪徳業者がいるのは事実です。
工事後に後悔することのないよう、業者を選ぶポイントをぜひ押さえておいていただければと思います。

本当に必要なもの?

優良業者でも悪徳業者でも、同じように無料で床下・床上の点検をしますが、悪徳業者はその結果に関わらず、商品や工事を勧めてきます。
本当にそれは必要なものなのか、なぜ必要なのか、きちんと見極めるようにしましょう。優良業者は、必要のないものを無理に勧めることはありません。
では、どのように見極めればいいのか。
一番良いのは実際の状況写真を見せてもらい、説明をしてもらうことです。中には証拠を見せることなく「腐っている」「カビが生えている」と脅してくる業者もいますので、注意が必要です。

価格は適正?

悪徳業者は、適正価格よりも高い値段で契約を迫ることもありますが、それよりも引っかかりやすいのが、抱き合わせ販売です。
極端に安い工事費がチラシやホームページに掲載されており、問い合わせた結果、「床下調湿材」「床下換気扇」「床下補強」などの購入を勧められたというケースがよくあります。
必要以上に何でもかんでも一緒に勧めてくる業者には、注意しましょう。

見積もりは確認した?

工事を依頼する前に、必ず見積もりを出してもらい、中身をよくチェックするようにしましょう。
特に施工面積が過剰に見積もられていないか、依頼した工事や商品以外のオプションが付けられていないかなど、項目も一つひとつよく見ておくことが大事です。
また、契約を急がせる業者は、何か都合の悪いことを隠している可能性があります。
急かされても、きちんと確認し、内容にも価格にも納得できる場合のみ依頼をするようにしましょう。

クーリングオフについて

クーリングオフは、契約から一定期間内であれば、無条件でその契約を破棄することができる消費者保護制度です。
シロアリ駆除の工事や床下換気扇の設置は、特定商取引法の「訪問販売」に該当するため、クーリングオフが適用されます。
既に工事が完了していても、契約書面が交付された日から8日以内であれば間に合いますので、万が一悪徳業者に騙されてしまった場合には、すぐに地域の消費生活センターに問合せてください。

シロアリ防除システム

家の土台である柱を食べてしまうシロアリの怖さは、みなさんご存知かと思います。
シロアリが発生してしまった際はもちろん駆除しなければなりませんが、あらかじめ防止することも重要です。
一度、予防の工事をされた方も、薬の効果が落ちてくるとシロアリが発生することがあります。まずは「お家の健康診断」で、自宅の状態を把握することから始めてみませんか。

お家の健康診断

  • 最近、近所の家がシロアリの駆除工事をした。
  • 家の敷地内で羽アリを見かけた。
  • 床がゆるんでいる箇所がある。
  • 柱を叩くと空洞のある音がする。
  • 家の敷地内に木材を置いている。
  • 床下に物を置いている。
  • 庭の木にシロアリに食べられた跡がある。
  • 雨漏りしている。
  • 浴室や台所の敷居がきしむ。
  • 5年以内にシロアリの駆除・予防をしていない。
  • 床下の通気が悪い。
  • 玄関や裏口に水を撒いている。

・チェックが1個以下

今すぐ工事が必要な可能性は低いと思われますが、念のためチェックしておきたいという方は、当社の床下無料診断をご利用ください。

・チェックが2〜5個以下

床下の状況を確認しておいた方が良いでしょう。この機会に、床下無料診断をお試しください。

・チェックが6個以上

既にシロアリによる被害が発生している可能性があります。
早急に床下無料診断を行い、必要に応じて駆除工事をすることをお勧めします。

床下無料診断の流れ

1間取りの確認

家の作りを確認し、チェック漏れがないようにします。

 

2床を開ける

床下に人が入るために穴を開けます。

 

3着替え

工事スタッフが専用の作業着に着替えます。

 

4床下に入る

床下に入り、全体の状況を確認します。

 

5湿気の確認

床下の湿気を測定します。
65%以下であれば害虫やカビの被害は、大幅に少なくなります。

 

6打診

木を叩いて空洞ができていないかを調べます。

 

7目視

シロアリがいないか、またシロアリが好む環境になっていないかを調べます。

 

8片付け

お家の中を汚さないよう、作業着をすぐに脱ぎます。

 

9診断結果報告

床下の状況をわかりやすくご説明いたします。

施工方法

床下換気システム

ご希望の方には、床下の空気を入れ替えるためのシステムを取り付けることができます。
湿気があると木が腐敗しやすく、害虫やカビも発生しやすくなるため、家の耐久性が低下してしまいます。大切な自宅を守るためにも、床下に湿気が溜まらないようにしましょう。

床下換気扇

※1日5時間、タイマーで自動的に換気します。

※電気代は1ヶ月あたり、およそ170円〜230円
※換気扇を3台取り付けた場合の、おおよその試算です。

床下調湿剤

床下の湿気をなくすためには、床下調湿材の使用も効果的です。
これは、湿気が高い時に空気中の水分を吸い取り、乾燥している時にはその水分を放出する物質でできています。

 

シロアリの折り紙